扶養親族の収入=103万円の勘違い

扶養親族が「パートやアルバイトをするときに、注意すべきこと」を説明します。
一般的に認識されている年間103万円というルールですが、この認識は不十分です。
もう少し詳しく解説しておきますので、自分のケースで確認してみてください。

まず扶養親族の範囲ですが、どれだけ広いか見てください。

扶養親族の範囲

 

こんなに扶養の範囲は広いのです。親族の中に扶養に入れ忘れている人はいませんか?
確認してみましょう。

103万円の勘違い

具体例で見てみましょう。
実家にいるフリーターのバイト代が、年間103万円、105万円、140万円の場合、それぞれの場合を計算してみました。
(便宜的に、同居家族の手取りが500万円、税率30%とします。)

1、年間103万円の場合

フリーターの税金はゼロです。
家族の扶養に入れるので、家族全体の手取りは約11万円増えます。
家族の手取りは、約614万円です。
(500万円+103万円+11万円)

2、年間105万円の場合

フリーターの税金は、3千円です。
年収103万円を超えているので、家族の扶養には入れません。
家族の手取りは、約605万円です。
(500万円+105万円-3千円)

3、年間140万円の場合

フリーターの税金は約11万円です。
年収103万円を超えているので、家族の扶養には入れません。
更に「健康保険の扶養」からも外れるため、国民健康保険料(税)が年間約15万円課税されます。
*国民健康保険料(税)は市町村によって金額が異なります。
家族の手取りは、約614万円です。
(500万円+140万円-11万円-15万円)

扶養の「2つの壁」に注意が必要

扶養親族には、2つの壁があります。

1つは「103万円の壁」、もう一つは「130万円の壁」です。

「103万円の壁」は、ご存知の方も多い「税金の扶養です。
年収が103万円を超えると、税金の扶養に入れず、家族の税金が増えます。
上記2のケースでは、この壁を越えたため税金が増えました。

一方、「130万円の壁」は「健康保険(社会保険)の扶養」というものです。
これはマイナーですが、とても重要です。
一般的に会社員は、会社の健康保険に加入しています。

年収が130万円以下の家族は、その健康保険の扶養に入り、保険証が無料で使えます。
これを「健康保険(社会保険)の扶養」と言います。

しかし年収が130万円を超えると「健康保険(社会保険)の扶養」から外れます。
そうなると、自ら国民健康保険料(税)を払わないと、保険証が使えません。
上記3の場合、37万円多く稼いだのに、手取りは以前と変わりませんでした。

この「103万円の壁」「130万円の壁」は非常に大事です。

家族の扶養に入っている人は、この2つの壁と、自分の年収を気に留めておく必要があります。

 

今回は現実の数字に落とし込んで説明させて頂きました。
このように税金の優遇措置は様々な条件で用意されています。
賢く活用して手取りを10万円増やしましょう!
サラリーマンが手取りを増やすための無料レポートはコチラです↓

 

手取りが大幅アップして、税金が数十万円返ってくる方法とは?サラリーマン(会社員)の税金を節税(減額)するためのマニュアルです。確定申告に役立ちます。

→ サラリーマン限定!ハイパー節税マニュアル111