年内に急げ!まだ間に合うサラリーマンの節税対策

多くの会社が12月初め頃までに提出を求める年末調整用の書類ですが、もう提出されましたか?
もう提出してしまった人も、まだの人も年内に手続きをすれば返ってくる節税方法があります!
もう手遅れと諦めないで、是非自分に当てはまるものを見つけて節税してくださいね。
では、具体的な方法を説明します。

※年末調整についてはコチラ
⇒年末調整は会社に任せっぱなしじゃもったいない!

年間の給料を調整して扶養親族を増やす!

親族を扶養に入れるには、「給料が年間103万円以下であること」が条件の1つになります。

パートの方で、12月の給料によっては年収103万円を少しだけ超えそうな方もいるでしょう。
この103万円の基準を少し超えただけでも大きく税金が発生します。

※ちなみに「扶養親族の収入」については前回お話しましたので、バックナンバーをご覧下さいね。
⇒扶養親族の収入=103万円の勘違い

そういう場合は、パートの出勤時間を少なめにして、あえて12月の給料を減らし年収を103万円以下に抑えた方がトクです。
※奥様が旦那様の扶養に入っている場合には、配偶者特別控除がありますので、この限りではありません。

年金・国保をまとめて払うと節税になる

「年末に退職したので、来年は収入が大幅に減る」という方は、支払期日が来年の国民年金・国保などを、今年中に払っておいた方がトクです。

理由は次のとおりです。

国民年金や国保は、該当年月ではなく、支払ったときの年に控除を受けられます。
収入がゼロのときに控除を受けても、そもそも収入がないので意味がありません。
税金を減らす余地がないですよね。

そこで、一時的に前払いにはなりますが、収入の多い今年に控除を受けられるように年内に払ってしまった方がトク、という訳です。

サラリーマンにとって最大の節税ポイントである年末調整はもう終わってしまったかもしれませんが、実はまだこんなにも節税方法があります。
是非自分の場合に当てはまるものを探して賢く節税なさってくださいね。

他にもサラリーマンが手取りを増やすため方法はいくつもあります。
すぐに方法を知りたい方はコチラ↓ 

サラリーマン限定!ハイパー節税マニュアル

 
無料レポートをご希望の方はコチラです↓

 

手取りが大幅アップして、税金が数十万円返ってくる方法とは?サラリーマン(会社員)の税金を節税(減額)するためのマニュアルです。確定申告に役立ちます。

→ サラリーマン限定!ハイパー節税マニュアル111