会社員の手取りを数万円増やし、税金が20万円還付される節税をあなたは知りたいですか?

     サラリーマン限定!税金ハイパー節税マニュアル         節税専門の税理士が全てを明らかにします!   
サラリーマン(会社員)の税金を節税(減額)するためのマニュアルです。確定申告に役立ちます。

サラリーマンの為の節税ノウハウ

まずは、節税に成功した方の声をお聞き下さい。
大阪府在住 N・Tさんのケース:所得税が30万円、住民税が40万円返ってきました!
成功事例の証拠書類1

平成15年分 → 30,400円 還付

平成16年分 → 60,800円 還付

平成17年分 → 76,800円 還付

平成18年分 → 86,400円 還付

平成19年分 → 48,000円 還付

合計で、所得税が302,400円還付、さらに、住民税が約40万円還付!


ビックリしました。

だって所得税だけで30万円以上戻ってきたんですよ?

おまけに住民税も40万円返ってきたので、合計70万円の臨時収入です!


やり方自体は、みんなも知っている方法ですが、

大事なのは、その方法をどう使うか?なんですね。


前に勤めていた会社が倒産し、給料も未払い・・・。

そんな困った状況だったので、節税できて本当に良かったです。

小林先生、ありがとうございました!

所得税が21万円、住民税が22万円返ってきました!
成功事例の証拠書類

平成16年分 → 42,900円 還付

平成17年分 → 68,800円 還付

平成18年分 → 77,400円 還付

平成19年分 → 28,800円 還付

合計で、所得税が217,900円還付、さらに、住民税が約22万円還付!


あんなにがめつい役所から、

合計で40万円が振り込まれてきました。

なんか不思議な感じです。

普通なら「大丈夫かな?脱税ではないの?」

と不安になるのですが、

単純に所得控除が漏れていただけなので

問題ないことは私でも分かります。


詳しく調べると、所得控除の漏れって、相当あるんですね。

正直、こんなに返ってくるとは思いませんでした。


さらに、給料から引かれる税金も減り、手取りが毎月8,500円増えました。

これがずっと続くんですね。嬉しいです♪

  

この2人の事例は、決して偶然ではありません。


いくつかのポイントをチェックし、節税もれを発見したなら、
法律のシステム上、税金が返ってくるようになっているのです


ですからあなたも、税金の負担をガクンと下げることができます。
信じられないかも知れませんが、私の周りにはこんな人々がゴロゴロいます。
しかもたった5分、いくつかのチェックポイントを確認しただけで・・・。


こんにちは。税理士の小林 大(こばやし ひろし)と申します。
節税を専門に研究している税理士です。

  • 小林大(こばやしひろし)
  • 税理士・節税コンサルタント
  • 広島大学経済学部経済学科卒。
  • 大阪の会計事務所在職中に税理士試験合格、税理士登録。その後独立、起業。
  • 登録番号109765

私がこのホームページを立ち上げた理由は、とても単純です。

  • 「サラリーマンであるあなたに、節税して頂くこと」
  • 「節税したお金を、周りが幸せになる事に使って頂くこと」

それだけです。


あなたには、こんな経験ありませんか・・・?


  • 給料から、とんでもない額の税金が引かれてビックリ。
  • ボーナスを楽しみにしていたが、税金のせいで予想以上に手取りが少ない・・・。
  • 税金に腹が立つから、給与明細は見ないことにしている。
  • 住民税がとんでもなく高い。
  • 役人の不正を知るたびに、やりきれない気分になる。
  • サラリーマンは節税できないようなので、諦めている。
  • どうしても節税し、税金を取り返したい・・・
  • 天引きされる税金を減らしたい・・・。
  • 昇給しても、税金のせいで手取りが増えない

もし、あなたがそう思うのであれば、この手紙を読み進めて下さい。


この手紙には、あなたの税金を減らす、
「ある方法」が明らかにされています。

サラリーマンが、生涯に払う税金はいくら?

毎月毎月、給料から当たり前のように引かれていく税金。
サラリーマンは、生涯で一体いくらの税金を払うのでしょうか?


年収480万円のサラリーマンだと、40年間でこんなに払う事になります。
(※扶養1人で計算)

所得税・・・ 380万円
住民税・・・ 780万円
税金は合計1,160万円。

書き間違いではありません。
『せんひゃくろくじゅう』万円です。


ほとんどのサラリーマンは、これに近い税金を納めることになります。

それでもあなたは、節税に無関心でいられますか?
将来、手取りがさらに減る可能性が・・・。

あなたがもし、

「公共事業などの無駄遣いをやめれば、負担が減るのでは?」
「地方に税源移譲されれば、何か変わるのではないか?」
「消費税が上がれば、その分負担が減るんじゃないか?」


とお考えなら、その考えは捨てた方が良いでしょう。


「お金がないから、文句の少ない連中から増税しよう!」というのが、お国の考えですから。
これは、税のプロとして税金を勉強するとき、つくづく感じることです。


そして、増税の一番のターゲットが、サラリーマンです。
サラリーマンは、有無を言わさず税金が天引きされるので、増税しやすいのです。

また、天引きのせいで節税に関心が薄く、文句の出にくいカテゴリーだからです。


今後は手取りがさらに減る可能性が高いと言えます。
     

ですから、給与明細はチェックし、節税に関心を持った方が良いでしょう。


今まではあなたも、「税金はよく分からないし、面倒だから・・・。」
と、給与明細を見ないのではないでしょうか?
こう言う私も、実は会社員時代には、給与明細を見なかったのですが(苦笑)

私も会社員時代は、税金に悩まされました

私が今でも忘れられないのは、最初のボーナスを貰ったときのことです。


      

事前に、ボーナスが月給の何ヶ月分なのか分かっていたので、
どの位の金額になるかは予想できました。


      

人生初のボーナスなので、ウキウキでした。
ところが・・・。


   

実際に振り込まれた金額をみると、どう考えても少なすぎるのです。


      

「おいおい、計算間違ってんじゃないの?
税理士事務所が計算間違ったらダメでしょ・・・。」


と思いました。

   

でも、実際は税金と社会保険料で、ごっそり天引きされていたのでした(泣)


      

とにかく、その天引きの多さに愕然としました。
ボーナスが入って嬉しいはずなのに、何故かモヤモヤとした気分が残りました。


      

そこで私は、とりつかれたように税金を研究しました。
人間、自分の事となると、凄い集中力を発揮するんですね(笑)


その結果、サラリーマンにもたくさんの節税方法があることに気が付きました。

まず最初に、自分自身で節税してみました。
すると所得税・住民税が、年間6万円減りました。
何の努力もなしに、手取りが6万円増えたのです。


      

次に私の友人に試してみました。
今度は、過去の税金を取り戻す手続きをしました。

すると、手取りが年間6万円増えただけでなく、
なんと税金が28万円返ってきました。

   


      

友人は驚いていましたが、法律に沿って手続きしただけなので、
当たり前のことです。


      

私はこのとき改めて思いました。
「法律は、知っている人だけを救うのだ」 と・・・。
得する制度があっても、それを知らない人は救われません。


私はそんな状況がとても悲しいのです。
ですから、その状況を少しでも変えたいと思い、私が調べた方法を提供したいと思いました。

   
実はサラリーマンは、簡単に節税できる
      

サラリーマンは節税しにくいと言われています。
しかし、私からすれば、サラリーマンは節税しやすいのです。


      

私の周りには、数十万円の税金が返ってきた人がたくさんいます。
手取りが年間数万円増えた人もザラにいます。


      

これは何故でしょうか?
ここに、サラリーマンが節税しやすい理由があります。


      

実は、私の周りで税金が減った人というのは、「節税した」というより、
「今まで余分に払いすぎていたのを、通常の負担に戻した」だけなのです。


      

そう、

      


      

サラリーマンの多くは、通常以上の税金を払っているのです。
私がやったのは、それを通常に戻しただけ。

   


      

つまり節税以前のお話です。
だからサラリーマンは、カンタンに税金を減らせるのです。


もしかしたらあなたも、通常以上に税金を払っているかもしれません。
であれば、その原因を取り去るだけで、負担は激減するはずです。



ところであなたは、年収がいくら以内なら扶養に入れるか、知っていますか?
「そんなの知ってるよ。103万円以内でしょ?」


   

残念。ちょっと違います。


      

例えば、年金生活者の場合、年収103万円以上でも扶養に入れます。
また、個人事業主なら、売上が10億円でも業績によっては扶養に入れます。


一般的に言われている年収103万円の壁。
これを詳しく突き詰めていくだけでも、今まで扶養にできなかった人を、
扶養にできるのです。

サラリーマンの税金を激減させる、実践マニュアルとは?
      
  • 節税って難しそう
  • 素人にできるのかな?
     

やはり不安がおありだと思います。
しかし、今回お伝えする方法は、簡単に節税できる、
実践的なノウハウです。


   

マニュアルに載っている節税ノウハウは、111個。


      

それぞれに具体的な説明が付いています。
ですから、あなたがやる事は単純明快。

① 111個以上のノウハウのうち、自分に当てはまるものに印をつける。
② 書いているとおりの手続きをする。

これだけです。機械的に手順を踏めば、節税できるように作っています。
これなら簡単ではないでしょうか?

   

このマニュアルの一部を紹介すると・・・

今まで扶養に入れないと思っていた人を、扶養に入れる方法

実は、扶養に出来ないと思っていた人でも、扶養にできる可能性があります。

その点を検討します。

うまくハマれば、過去に遡って還付申告することで、数十万円の税金が返ってくる可能性があります。

貯金をしながら、節税する方法

生命保険での節税よりも、効果・利回りの高い節税法です。

ハッキリ言います。どう考えても損しません。

医療費控除を極めるチェックリスト

医療費控除しなかったものまで、医療費控除できるようになります。

また、医療費が10万円未満でも、医療費控除ができてしまう方法をご説明します。

サラリーマンが○○して、大幅に節税する方法

少し手間ですが、効果の高い方法です。

キャッシュを稼ぎながら、税金が減るという、一石二鳥の方法です。

住宅ローン控除の効果を増やす方法

       

少しの作業で、住宅ローン控除の効果が増えます。

また、住宅ローンの運用上、知らないと大損してしまう注意点をお伝えします。

FXや株式投資の節税術も完全網羅

今後は、すべてのFX業者が、税務署に取引報告をします。

これはつまり、各人のFX損益を税務署が把握している、ということです。

税務署の目が厳しくなる中、投資に関する節税知識が必要です。

 

掲載されている節税ノウハウは111個

    


     

このうち1つでも当てはまるものがあれば、簡単に数万円は節税できるでしょう。

先月、給与明細を見たときのことを思い出してください。

そのときあなたは、言いようの無い、やるせなさを感じませんでしたか・・・?
   

そんなあなたも、

節税できるようになるのです。

こで、ぜひ節税したい!という方のために、
『サラリーマン限定!ハイパー節税マニュアル111』を作成しました。
このマニュアルには、私が調査した、
サラリーマンの節税ノウハウが、余すところなく詰め込まれています。

当然、本屋さんにある節税本より濃い内容です

   


もちろん、本屋さんに並んでいる書籍以上の内容を収録しています。
量的にも、質的にもです。
そうでないと、ここでお伝えする意味がありませんから。


違法ではありませんが、税理士が書けるギリギリまで書いていますので、
お役に立てるはずです。

ただし、お譲りするにあたり、一つだけ約束して頂きたいことがあります。
それは、

   

「あなたがこのマニュアルを本気で実践する事」

   

これだけです。


もし、あなたがこの約束を守れないのであれば、ここでページを閉じて下さい。

   

「小林さんよ、なぜそんな事を言うんだ?」


それは、私が本気だからです。
本気であなたの負担を減らしたいのです。

   


   

そしてそのお金を、みんなが幸せになる事に使って欲しいのです。


      

どうですか?あなたは、たった一つだけの約束を守れますか?

   

もし守れるのであれば、このマニュアルに、あなたはいくら投資しますか?

   


   

まずは、この情報への投資効果を想像して下さい。

      

このノウハウを活用し、年間10万円の節約ができたなら、10年で100万円です。

      


      

一生涯にわたり節税がつづくとすると?

      


      

さらに、過去の税金が数万円でも返ってきたとしたら?

   


あなたはご自身の生涯に対して、一体いくらを投資しますか?


10万円? 20万円? ・・・ それとも30万円?

   


   

このサービスを顧問契約の形で提供すると、最低でも12万円となります。
私が1人1人とお話をすると、この金額をご請求せざるを得ないのです。

   


   

しかし今回、マニュアル化する事で、あなたに負担がかからない金額にできました。
マニュアルを本気で実践すると約束できるあなたに、

      

定価12,600円 ⇒ 特別価格9,800円でお譲りしたいと思います。


ただし、この特別価格は、限定300セットまでとします。


会社には、顧問税理士が付いています。
ですから、それなりの節税方法を、教えてもらえます。

   


しかし、サラリーマンには教えてくれる税理士がいません。
お金持ちには税理士が付き、一般人には税理士は付かない・・・
これでは、ますます差が開く一方です。

私もサラリーマンだったので、あなたの切実な気持ちが痛いほど分かるのです。
これが、このマニュアルを書いた私の思いです。

ただ、私がどんなに自信を持ってこの方法を薦めても、名も聞いたことのない会社に
問い合わせるのは不安です。


私も、知らない会社から初めて商品を買うのときは「この会社、大丈夫かな?」
と不安になります。

   

そこで、あなたの不安を少しでも解消して頂くため、次のプレゼントをご用意しました。

スペシャル特典
特典① 税制改正に完全対応(完全無料)

今後の税制改正に完全対応致します。

将来、税制が改正された場合、それに対応した改訂版のマニュアルをご準備します。
改訂版は、購入者様専用のサイトより、無料でダウンロードできます。

※改訂版は、毎年6月中にアップ致します。

特別ボーナス1
特典② 家と車の節税マニュアル

家や自動車は、ほとんどの人にとって、人生で最も高価な買い物でしょう。
その高い買い物に税金を紛れ込ませるのが、国のやり方です。
もともと高い買い物ですから、税金の高さにも気が付きにくい、という訳です。

ですから、多くの人がその節税を見落としがちです。
この小冊子では、自動車と家に関する、税金の節税ノウハウを紹介します。

たとえばこんな内容です。

固定資産税を数十万円へらす方法
固定資産税を一年分ゼロにする方法
不動産取得税を数十万円へらす方法
自動車税を1年分ゼロにする方法
自動車取得税を数万円へらす方法
などなどです。


これらの方法は、ほとんどの方に使えるもので、非常に簡単。
金額の大きい税金なので、10万円以上トクすることもあります。
人によっては、こっちの方が節税効果が高いかもしれません・・・。

特別ボーナス2
特典③ 今さら聞けない税金の仕組み

この小冊子は、サラリーマンに関係する所得税・住民税の基本的な仕組みを
説明しています。

税金のことが全然分からない人のための、入門編の小冊子です。
本編のマニュアルの前に読まれると、効果的です。

特別ボーナス3
特典④ 退職した時の節税ノウハウ

退職する際は、所得税・住民税だけでなく、
社会保険、国保、国民年金を含めたトータルの節税を考えなくてはなりません。

少しのことで、大損する可能性があるのです。
「退職時に○○をやっとけば、負担が何十万円も少なくなったのに・・・」
という、手遅れの事例はいくらでもあります。

この小冊子では、その危険を取り除きます。

特別ボーナス4
特典⑤ FX、株式投資の節税も完全収録

平成21年以降、すべてのFX業者が、税務署に取引報告をします。
これはつまり、各人のFX損益を税務署が把握している、ということです。
税務署の目が厳しくなる中、きちんとした節税の知識を身につける必要があります。

本マニュアルでは、FX、株式などの投資に関する節税ノウハウも完全網羅しています。

特別ボーナス5


特典2~4は、ダウンロードでお渡しいたします。
特典5は本教材に収録されています。
マニュアル購入について、注意点があります!!

注意点① このマニュアルは、サラリーマン(会社役員を含む、給与所得者)専用です。


このマニュアルは、サラリーマン(会社役員を含む、給与所得者)
のために作成されたものです。


サラリーマン以外の方、例えば自営業の方、学生の方、年金収入のみの方
上記の方々には、効果が出ない場合がありますので、購入しないで下さい。


注意点② 相続税の節税ノウハウは掲載されていません。


本マニュアルには、相続税の節税ノウハウは掲載されておりません。


ほとんどのサラリーマンは、相続税が関係しない事と、
また、相続税のノウハウを掲載することで、
価格が上がってしまうのを避けるための措置です。  


相続税の節税ノウハウだけをご希望の方は、ご購入をお勧めしません。
利用された方々の声

お勧め!新たな気づきがあるはずです。

税理士 仲嶋様


利用された方の写真5

サラリーマンのみなさん、こんにちは。


税理士の中嶋です。


「クロヨン」って言葉を聞いたことありますか?
クロヨンと聞くと黒部の太陽の舞台となった黒部第4ダムを連想される方が多いと思いますが、税務署による課税所得の捕捉率に関する業種間格差を指す言葉・・・「9・6・4」でもあるんです。


サラリーマンはどの数字だと思いますか?
正解は「9」・・・・要するに、所得の9割を把握されているのです。
このため、サラリーマン向けの節税となると本当に限られてしまいます。


なので、私自身もサラリーマンの節税マニュアルってどうなん!?と半信半疑でした。
しかししかし・・・・・侮るなかれ!!!
サラリーマンの節税ノウハウがぎっしりと詰まっています。


たとえば「扶養控除に年齢制限はない!!!」の項目。
私が税理士の勉強に専念して専門学校に通っていた当時、大学は卒業して25歳、
アルバイトはせずに無収入だったので、父親の扶養家族にできたはずなんですが・・・・
扶養家族に入れていなかったとのこと。


本来なら数万円は節税できていたはずで、とても悔やまれます。
小林税理士の『ハイパー節税マニュアル111』にたどりついたサラリーマンの方は
本当に幸運です。
このマニュアルに書かれている111の項目をひとつずつチェックしていくことで、
不幸な節税漏れを防げるのです。


税金は難しくてよくわからないと思っている方のほか、
税金に関する知識に自信のある
方にもお勧め!新たな気づきがあるはずです。


100年に一度の不況といわれる今日、
自己防衛のためにこのマニュアルをぜひ読んで実践してみてください。

「コンサルティングのネタが増えました!」

社会保険労務士 川添様(兵庫県宝塚市)


利用された方の写真1

社会保険労務士という仕事柄、人事労務に関するたくさんの相談に乗っていますので、節税については少しうるさいつもりです。
しかし、このマニュアルを読んで、相談の幅が増えたと思います。


税金面での微妙な、「いくらまでなら大丈夫」「どの程度なら否認されない」というところまで踏み込んで書かれているからです。


特に、80ページ以降の、従業員の税金を減らしながら、会社の負担も減らす方法など、非常に参考になりました。

「所得税が21万円、住民税が22万円、かえってきました!」

武田様(香川県高松市)


利用された方の写真2

このマニュアルを読んで、5年前まで遡って還付の申告をしました。
すると、所得税が21万円、住民税が22万円、かえってきたではありませんか!
ホントにびっくりです。
それとともに、5年以上前の分が、もったいなさすぎる、と思うのでした。
もう少し早くに、このマニュアルに出会えていれば・・・。
皆さんはそんな後悔、しないようにして下さいね!

「無欲なサラーリーマンに、是非!」

谷本様(香川県高松市)


利用された方の写真4

いろんな切り口の方法が節税意欲を湧き上がらせます!
今までは他人事としか考えられずに、無駄だらけだったのかと思いました。

しかし小林先生の、「節税策を知っていても、行動しなければ、方法を知らないのと同じ」この言葉が胸に刺さりました。

節税のための行動を起こさない限り、何の意味もないのです

「税金って高いなあ」と、何となく思いながらも、そのままにしている・・・、そんな人が多いのではないでしょうか?

行動を起こすためには、現状を知り、法律を知らなければなりませんが、その一方、自分自身を省みることが欠かせない、ということに気がつきました。


これからもいろんな節税情報を楽しみにしています!

「そうなんだっ!」が多々ありました!

住宅販売 高橋様(香川県高松市)


利用された方の写真6

「税金」と聞くとなにか難しいイメージがあり、
『サラリーマンは会社が処理を行ってくれているから関係が無い。』
と 税金を節税するなど思ってもいませんでした。


そんなイメージで本書を読む前までは、難しい事が沢山書かれていて理解出来るんだろうか?…と、ところが各項目ごとに読みやすく文章も短くページ数も少ない
これなら私みたいにまったく知識が無い人でもスラスラ読めます。


スラスラ読めるのも、解りやすいからどんどんページをめくってしまいます(笑)


節税する為の条件、必要書類、メリット、税務署に対しての対応などをシンプルに説明があるからこそ読むことを途中で投げ出さずに、一気に最後まで読めたのだと思います。


私は住宅関係の仕事をしていますが、第六章のマイホームの税金を減らせ!は仕事柄詳しい方だと思っていましたが、「へ~そうなんだ」という項目が多く驚かされました。
直接仕事に関係があるのに初めて知るところが多く逆に恥ずかしさを覚えました。
とにかく第六章は私の知識を1ランク、2ランクも上げていただく事が出来ました。


大変感謝しております。


このように、第六章に限らずここには書ききれませんが、
その他の章にも「そうなんだっ!」が多々ありました。
知識を知らないのは怖いっ…と改めて思うようになりました。

また、条件に該当すれば誰もが出来る事なので実行に移そうと考えております。
ホントにそうなのかなぁと思いの方は、行動しないと何も変わりません!
まずは本書をお読みすることをお勧めします。
だってプラスになる事ばかりですから。


最後に小林先生に節税に関しての知識を、新しく本書を通して教えて頂きありがとうございました。感謝です。

「すごく役に立ちました!」

OA機器販売 合田様 (香川県高松市)


利用された方の写真6

あまりこういった本を読んだことがありませんでした・・・(恥)


でも、このマニュアルは、サラリーマンという目線で書かれていて、「税」について無関心だった私にも分かりやすく、あっという間に読んでしまいました。


マニュアルの冒頭の文章には、こうあります。


「サラリーマンは給料天引きなので、税金をあまり意識しない。
よく分からないし面倒だ、という理由で給料明細さえ見ていない人が多い。」


この言葉にやられました。

ズバリ、今までの自分自身でした。


納税は義務だと思ってはいますが、義務で払わなければいけないお金だからこそ、少しでも節税できれば、得をしたという満足感や優越感を得られるのだと感じました。


明日からこの本を手に少しでも節税出来るよう頑張りたいと思います。

この本を紹介して下さいました小林先生、本当に有難うございました。

スペース
  • 追伸:
  • マニュアルに掲載されているノウハウには、時間が経つと使えなくなるものが存在します。
  • 後で気が付いても、もう遅いという類のノウハウです。
  • 仮にあなたが悩んだあげく、このマニュアルを数ヵ月後に購入したとしましょう。
  • しかしその時点で、これらの節税ノウハウが使えるかどうかは保証できません。
  • ぜひ、後悔の無いようにご判断下さい。



メールアドレス記入

お名前記入


※ご登録のアドレスに、
ダウンロード用のURLを記載
したメールを送付致します。